Newness, Timeless.
新しい古典作品の創造を追い求めて
To the Familiar.
普遍的で身近なものへ
Classics for Innovation.
伝統と革新

TETSU TAOSHITA THEATRE COMPANY

Official Website

NEXT EVENTS

OPERA ART ACADEMIA 2018
– オペラという芸術表現を、360度の視点から参加者と共に考える年間プログラム –

2018年4月〜2019年3月

○オペラ公演に関わる全ての方
○オペラ公演に今後携わりたい方
○オペラ鑑賞に興味を持っている方

桜美林大学 四谷キャンパス 1Fホール等、都心部スペース
1プログラムにつき0〜2,000円 ※会場代・資料代等実費程度

主催:田尾下哲シアターカンパニー
協賛:株式会社オレンジ(年間協賛)
メディアパートナー:株式会社東京MDE
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
ac_logo

TETSU TAOSHITA

prof

田尾下 哲

演出家・劇作家・田尾下哲シアターカンパニー主宰

1972年兵庫生まれ、横浜育ち。東京大学工学部建築学科卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。ドイツ人演出家ミヒャエル・ハンペとの出会いを機に本格的に演出を学び、2000年から演出家として活動を開始。03年より新国立劇場に所属し、オペラ・チーフ演出スタッフとして約70以上のプロダクションに参加。アンドレアス・ホモキ、ジョナサン・ミラー、グリーシャ・アサガロフなど世界の第一線で活躍する演出家と協働した。2009年、第20回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。同年6月、チューリヒ歌劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師』で共同演出家・振付家としてヨーロッパデビュー。近年はオペラの演出に留まらず、ミュージカルやストレイトプレイ、映像作品など多彩な作品に携わっている。2010年8月からら11月まで、打ち合わせから3ヶ月の稽古期間、NYリンカーンセンターの新作ミュージカル「神経症ギリギリの女たち」(バートレット・シャー演出)に参加。本場NYでのプロダクションの現場を経験した。他に、野田秀樹の演出助手として歌舞伎座「野田版愛陀姫」・NODA MAP公演「パイパー」、「ザ・キャラクター」、「南へ」、蜷川幸雄「欲望という名の電車」、松竹映画「CASSHERN」(紀里谷和明監督)など、ジャンルを問わず精力的に活動を展開している。

TETSU TAOSHITA

Director・Playwright

TETSU TAOSHITA was born in Hyogo in 1972, grew up in Yokohama. He graduated from Department of Architecture, University of Tokyo. Then he graduated from the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, University of Tokyo. TETSU TAOSHITA began director learning with German director Michael Hampe, and He became a director since 2000.Since 2003 he joined the New National Theater and participated in more than 70 productions as an opera / chief directing staff. He cooperated with directors who are famous around the world such as Andreas Homoki, Jonathan Miller, Greece・Asagarov. In 2009, he won the 20th Goto Memorial Cultural Award Opera New face Award. In the same year, he made his debut in Europe as a co-director / choreographer of “Cavalleria Rusticana / Clown” at the Zurich Opera. In recent years, he has been engaged to do various works about musicals, straight play, video works, as well as directing opera. From August 2010 to November 2010, after a three months training, TETSU TAOSHITA participated in a new musical “Nervous Syndrome Women” (Bartlett Shah Direction) made by NY Lincoln Center, experienced the production site in NY. Apart from that, TETSU TAOSHITA has been working energetically regardless of genres.He has been an assistant director of Noda Hideki, participated Kabukiza “Noda version Aihime” · NODA MAP performance “Piper”, “The character”, “To the south”, “Desire name train”(directed by Yukio Ninagawa), Shochiku movie “CASSHERN” (directed by KIRIYA Kazuaki), etc.

COMPANY INFO

100年後も上演され得る
新しい古典作品の創造
を目指して。

Create new classical productions that can be performed even 100 years later.

TICKET